地域にあった経験を大切にしたい

注文住宅を建てる際に、太陽光発電を採用する人が増えています。屋根の耐久性などが関係するため、新築住宅を建てる際に設置したほうが、コストが抑えられるからです。太陽光発電システムを設置する場合は、注文住宅を依頼したメーカーなどから、複数の業者を選択肢として提示される場合があります。業者選びで大切にしたい要素の一つが、施工実績や経験です。太陽光発電システムは人気となっているため、多くの業者が参入しており、経験値は千差万別です。日本列島は長いため、日照時間や気候などが地域ごとに異なります。地域ごとに注意を払うべき点も違ってくることになるため、自分が注文住宅を建てるエリアでの経験が豊富な業者に依頼したほうが、満足感が高くなります。

コストやアフターケアも大事な要素

太陽光発電システムを導入する場合には、コストも重視して選びたいものです。コストには、システムの設置費用とともに、発電シミュレーションも含まれるため、総合的に判断することができるでしょう。特に発電シミュレーションは、あくまでも設置後の未来予測になります。計算方法によっては、魅力的な数字に見えたものの、実際の発電量や売電量とは乖離があるケースもあるため、複数社からデータを取り寄せた方がよいかもしれません。また、太陽光発電では、屋根の形状や傾きが発電量に大きく影響します。そのため、建物の形状などが決まった後に依頼するほうがよいでしょう。

さらに考慮したいのが、アフターケアや保証です。故障が少なく、経年化しても発電量を維持できる製品を使っていることの他に、トラブルが起きた場合の責任の所在が明確にされているところに依頼するのが得策です。

分譲住宅は、既に完成をした家を購入するため、ハウスメーカーや設計事務所に頼んで一から新築の家を購入する場合と比べて、費用や住み心地などのミスマッチがないというメリットがあります。