通常時だけでなく災害の時にも電気が使える

注文住宅を建てる際には様々なオプションを選択できますが、人気となっているのが太陽光発電システムです。太陽光発電は他の設備に比べて初期投資の額が大きいですが、以前に比べて製造コストが下がっており、採用すると自家発電ができるようになるので電気代が削減できるメリットがあります。昼間の時間の電気代を削減できれば、夜間電力がお得になるコースなどに入り、全体的な電気代を下げることもできるでしょう。

太陽光発電が威力を発揮するのが、災害などによる停電時です。過去の様々な災害からも理解できるように、ひとたび災害が起きて停電になると、電気が復旧するまでに相当の時間がかかるケースがあります。自家発電ができれば、最低限の電気を確保できる点がメリットです。

収入を得たり環境保護に役立つ

太陽光発電により余った電気は、売電制度を利用して電力会社に買い取ってもらえるため、収入アップにもつながります。売電制度による電力の買取の金額は下がる傾向にありますが、一度契約すれば、10年間は同じ金額で売電できるため、早めに契約することがおすすめといえるでしょう。

太陽光発電のメリットは、環境保護に貢献できることです。電力会社から供給される電気は、環境負荷が高い火力などによるものがあります。太陽光発電を行うことで電力会社が作る電気量を減らすことができるので、環境保護の一端を担うことができるでしょう。加えて、オール電化とするなら、ガスの使用を抑えることで二酸化炭素の排出を抑えることにつながり、カーボンニュートラルに賛同できます。

新築一戸建ては、築一年以内の一棟一戸の家をいいます。また、誰もまだ入居していない独立して建つ新しい物件ともいえます。